治らない?毛孔性苔癬の原因と改善・治療方法

ツル子
こんにちは。毛孔性苔癬で悩んでいた『ツル子』です!
ブツ美
こんにちは!二の腕のブツブツに悩まされている『ブツ美』です。

前回の記事で二の腕などに出来る赤いブツブツの正体が『毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)』である可能性が高いと、写真付きでご説明させて頂きました。

前回の記事で紹介した写真

実際に多くの方々が「毛孔性苔癬って治らないの?」と疑問を持っています。
今回はそんな毛孔性苔癬の原因や治療法について説明していきます。

正直に申しましても、そのまま自然に治るということはまずありません。

人によってはジワジワとブツブツの範囲が広がってきてしまうということも起こります。

しかし、

なぜ赤いブツブツができてしまうのか。

なぜ黒ずみやシミが出来てしまうのか。

その原理や原因をしっかり理解し、最適なスキンケアを行うことでブツブツは徐々に少なくなっていきます。

特にこのあと紹介する二の腕のブツブツために作られた専用クリームは評判です。

コチラのクリームは現在キャンペーン中となり、500円で購入できます(*‘ω‘ *)

毛孔性苔癬の原因と仕組み

ツル子
いよいよ毛孔性苔癬の原因と、ブツブツが出来る仕組みについて解説していくよ。
ブツ美
待ってました!早くお願いします〜!

毛孔性苔癬は遺伝が原因?

毛孔性苔癬の原因は良く遺伝と言われていますが、コレは正しくもありますがそうとも言い切れません。

と言うのも、結局は個人個人の体質に依存するからです。

ただ傾向としては両親のどちらかがアトピーであったり、極度の乾燥肌であったりする場合になりやすいとも言われています。

ツル子
実は私も小さい頃に小児アトピーだったんだ。
ブツ美
そうなんだ!

ブツブツが出来る3つの要因と仕組み

毛孔性苔癬がブツブツになる仕組みを見ていきましょう。

毛孔性苔癬のブツブツは1つ1つの毛穴(毛孔)に出来ます。
つまりこれは、これは毛穴単位で起こっている肌トラブルということが分かります。

簡単に説明をすると、毛穴周辺の角質が酸化して膨らむことで角質が毛穴に詰まります。
それが毛穴に詰まることで炎症を起こして赤くなるのです。

単純ですがこれが毛孔性苔癬の正体です。

ブツ美
ブツブツが出来る仕組みはわかったけど、どんな肌の人がそういうことになるの??
ツル子
一般的に分かってきてるのは、毛孔性苔癬は乾燥肌の人に多いということだよ!
あとは皮脂量が多くて角質が溜まりやすい体質の人だと尚更みたい。
ブツブツができる要因は大きく3つに分けられるから説明していくね!

要因1:肌の表面と内面の乾燥

二の腕はもともと乾燥しやすい部分です。
二の腕だけでなく肌は乾燥すると抵抗力が落ち、肌を守るために皮脂を増やそうとします。
そうすることで乾燥状態+皮脂増加という負のスパイラルが生まれるわけです。
まずは表面・内部と乾燥状態だけは避けなくてはいけません。

要因2:毛穴内の角質の蓄積

角質はどんなタイプの肌で溜まりやすいのでしょうか。
角質は肌の再生(ターンオーバー)が正常に行われないと、古い角質が毛穴に残ってしまいます。

要因3:毛穴の詰まり

古い角質が毛穴に残っていると、やがて酸化して硬化してしまいます。
これが毛孔性苔癬がプツプツとした感触になる原因です。
この固くなった角質は毛穴をつまらせ、赤くブツブツと炎症を起こすのです。

結果:肌の再生(ターンオーバー)が遅れる

要因1〜3の相乗効果の結果として肌のターンオーバーが上手く行きません。
新陳代謝が上手く行かなかった毛穴は、毛孔性苔癬として赤いブツブツになり、毛穴に詰まった角質が角栓として顔を出している状態になります。
これが鳥肌や鮫肌のような感触になっている正体です。

もともと二の腕は乾燥しやすい場所のため、ターンオーバーが遅れやすい部位でもあります。
きちんとしたスキンケアを施して、ターンオーバーを手伝ってあげることが毛孔性苔癬を無くす一番の近道です。

ブツ美
な、なるほど!!
つまり毛孔性苔癬が出ている箇所は、まず乾燥を防げば良いんだね!
ツル子
その通り。でも、ただ乾燥を防ぐだけでは足りないから注意してね。
何よりも大切なのは肌のターンオーバーをセルフケアで促すことだよ♪
でもこれだけじゃ黒ズミやシミを消すスキンケアには不十分だから、焦らずにゆっくり読み進めていってね。
ブツ美
分かりました、先生!

毛孔性苔癬の改善方法と治療法

毛孔性苔癬はそのとっつきにくい名前のせいか、世間で余り認知されていません。

ニキビと性質は全く違うのに世間では『腕ニキビ』などと言われてしまっているくらいです。
腕ニキビは毛孔性苔癬であることがほとんどだとは思うのですが…。

勿論、毛孔性苔癬はニキビではないのでスキンケアや治療方法はニキビのそれとは異なります。

ここではいよいよ、毛孔性苔癬の改善方法や治療方法について触れていきます。

自然治癒は『ない』に等しい

そもそもの問題になってしまいますが、毛孔性苔癬は自然に治るのでしょうか?

答えは『NO』です。

放置していても治ることは先ずありません。

前述したようにこれは肌の性質により起きているものですし、根本的に体質が変わらない限り症状が収まることは考えにくいでしょう。

毛孔性苔癬は年齢と共に自然に治る?

これは治るというより、症状が落ち着くという方が正しいかもしれません。

一般的に30代40代と歳を重ねるごとに毛孔性苔癬の症状は落ち着いていきます。

ですが、過去に毛孔性苔癬によって生まれたシミや黒ずみなどの色素沈着はそのままです。

また症状が落ち着くころには結構な年齢になってしまいます。

年をとるまで症状が自然に落ち着くということはほぼありません。

周りの目が気になる若い内や、肌を出したりして元気な内に夏を楽しむなどしたい場合はきちんと対策をしましょう。

基本的には改善方法・治療方法は下記の3つ

尿素クリームなどの肌の保湿を目的とする日々のスキンケア

尿素クリームや、専用のせっけん、専用のボディークリームなどを使った日常のスキンケアで時間を掛けて着実に改善していく方法です。

当サイトでもオススメしている二の腕のブツブツ対策専用ジェルの『ピュアルピエ』などは、特に毛孔性苔癬に特化したクリームであると言えます。

ピュアルピエ
ツル子
私も色々試したけど、やっぱり時間を掛けて内側からコツコツと肌を良い状態に保つのが1番確実で良かったよ♪
ブツ美
地道な努力は結果として実を結ぶんだね!
私も早くスタートを切らなきゃ!
ツル子
そうだね!まずはスタートすることが大切だね(*^^*)

ダーマローラーを使った肌のターンオーバー

これは上述したスキンケア(改善)とは違って、セルフでやる外科的な『治療』に近いものです。

ダーマローラーという短い針が付いたローラーを患部に当てて転がすというものです。
この針が肌の内部を刺激して、強制的に新しい肌を作って綺麗な肌と入れ替えるという方法です。
(強制的にターンオーバーさせるということ)

ダーマローラーという器具を初めて聞く方は想像がつきづらいので画像を貼るとこんな感じです。

痛そうですよね。実際に痛いです…。

これを肌に針が刺さるように当てがって転がすので、もちろん痛いですし出血もします

衛生的な問題もあるのでこの方法で行う際は最新の注意が必要です。
また、セルフで行うとムラも多いため、どうしてもこの方法が良いという場合は専門医が施術を行ってくれる医院を探す必要があります。

痛みはあり、出血もしますが、短期間で肌を綺麗にできるということでこの方法を選ぶ方もいらっしゃいます。

ブツ美
うぅ…、とっても痛そう(´;ω;`)
ツル子
うん、正直かなり痛かったよ!(゜o゜;
出血するから一時的にカサブタで肌が汚くなるけど、新しい肌が出来上がるから確かに綺麗にはなるけどね!
ブツ美
手段の一つとして考えておきます(´・ω・`)

医療レーザーで治療できる?

毛孔性苔癬の症状は医療レーザー脱毛で改善することはできます。

なぜなら毛孔性苔癬は毛穴におきる症状だからです。
毛穴(毛孔)に酸化した角質が詰まって引き起こるのが毛孔性苔癬なので、完全脱毛をして毛穴を不活発にしてしまえば、その現象が起こりにくくなるのです。

医療レーザー脱毛で色素沈着も解決?

医療レーザー脱毛は黒い色素に反応します。
これにより毛が生える根っこの部分だけを攻撃して脱毛をするのですが、ホクロやシミなどがあった場合はそのホクロにも反応してしまいます。

レーザーが反応するとどうなるかというと、純粋に色が抜けたようになってしまうのです。
つまりホクロに当たればホクロの色が抜け、シミに当たればシミの色が抜けたようになるのです。
(色の抜け具合はレーザーの強さや、回数などで個人差があります。)

ブツ美
へぇ〜!脱毛も出来て毛孔性苔癬も収まるって凄い良いね!
ツル子
そうだね、でも医療レーザー脱毛もものすごく痛いし、毛孔性苔癬の治療としてやってくれるわけじゃないから、二の腕にレーザーを当ててくれないクリニックも多いんだ。
忘れちゃいけないのが、医療レーザーはスキンケアではないから毛孔性苔癬が出来やすい体質に変わりはないということだよ(゜o゜;
ブツ美
あ、危ない危ない。ラクそうで気持ちが揺らいじゃったΣ(´∀`;)
毛孔性苔癬が出来ない肌を保つことを心がけます!

皮膚科での『治療』は飽くまで対処療法がほとんど

皮膚科で毛孔性苔癬を相談することは出来ますが、殆どが肌を保湿するための尿素入りの軟膏やクリームを処方されるだけで終わりというケースが多いです。

放置していても命の危険がないという症状のため、研究がものすごく活発というわけでもない毛孔性苔癬は、医学的には原因や根治療法がハッキリと資料として出ていないのでこの程度のことしか出来ないのです。

民間企業が出している専用のクリームや専用ジェルの『ピュアルピエ』などをつかってスキンケアを行う方が効果的だったりするのです。

ピュアルピエ

正しいスキンケアを施すことで全く目立たないように『改善』することが可能!

これまで話してきたことを実践していけば、毛孔性苔癬が出来ない肌を手に入れることができます!

それには度重なりますが、肌の表面や内部の乾燥を防ぎ、角質が詰まらないように清潔な肌を保つことが大切なのです。

きれいな肌を保っていければ、赤いぶつぶつが見当たらない自然な肌に戻っていきます。

即効性は無いですが最も着実で確実な方法ですので、大切なのは1日でも早くスキンケアのスタートを切ることですので、正しい知識を武器にこの二の腕のブツブツに立ち向かっていきましょう!

今スグ治したいなら『毛孔性苔癬フラクセル』という高額なレーザー治療しか無い

医療レーザー脱毛は毛孔性苔癬目的ではないため治療には使えませんが、ここ数年で『毛孔性苔癬フラクセル』という専用のレーザー治療が出てきました。

このレーザー治療の仕組みは、レーザー版のダーマローラーと思っていただいて構いません。

人の手でローラーを転がしたのではムラがありますが、このフラクセルレーザーは機械制御で肌に小さな穴を正確に無数に空けます。

これが針を指しているのと同様の効果で、強制的に肌をターンオーバーさせてきれいな肌を作り変えると言う仕組みです。

もちろん肌に小さな穴を無数に開けるので、痛みはかなりありますしお値段も高額になります。(両二の腕だけで42万円〜62万円ほどかかります。)

大切なのは毛孔性苔癬ができない肌を手にれること

忘れてはいけないのが、毛孔性苔癬フラクセルはいま見えている毛孔性苔癬を消すだけで、毛孔性苔癬が出来ない肌になるというわけではない、ということです。

一番大切なのは毛孔性苔癬が出来ない肌を作り上げることというのを忘れないでください。

これには毛孔性苔癬を意識した日々のスキンケアが欠かせません。

次の記事ではこれまでのおさらいとして、毛孔性苔癬とお別れをするための効果的な3つの方法をまとめていきますので、自分自身にあった方法で確実に改善していきましょう。

ピュアルピエ